ウーマン

エイジングケアが必要になったら美容液を|保湿力を高める

胸元などにも現れるシミ

女の人

少し使っただけのケアでは効果が現れにくく、継続した美白ケアを行います。すでにボディにシミやくすみがある場合にも、ターンオーバーを促進させる有効成分が徐々に力を発揮し、メラニン色素にアタックしてくれます。

詳細

透明感を取り戻す

ウーマン

肌にくすみがあると感じたら、古い角質が残っている可能性があります。基礎化粧品が合っていない恐れがあるので見直す工夫が必要となります。くすみ改善効果がある化粧品の特徴は、ピーリング効果、メラニンの生成を抑える効果などがあります。

詳細

4つのタイプがある

化粧水

「くすみ」の原因は人それぞれです。大きく分けると乾燥によるものと血行不良によるもの、糖分と脂質によるもの、紫外線によるものがあります。それぞれの肌タイプに合った方法で、毎日お手入れをすることが重要です。

詳細

紫外線対策として

スキンケア

顔や首の日焼け対策や美白には力を入れているのにボディの美白は日焼け止めを塗る程度で他は特に何もしていないという方は少なくないでしょう。ボディも顔と同様に紫外線を浴びれば日焼けしますし乾燥も進みます。日焼け止めを塗ることも続けながら、さらに紫外線を浴びた後にエイジングケア美容液で美白ケアをすることが必要です。美白成分を配合した美容液はコストパフォーマンスに優れたものもたくさんあるので試してみると良いでしょう。油分を含むものもあるので外出前は日焼け止め、帰ってきたらボディクリームといったように使い分けましょう。さらに食生活を工夫してメラニン色素の蓄積を抑えたり肌のターンオーバーを促すこともおすすめです。食生活を変えることが難しい場合はサプリメントを活用すると良いでしょう。

年齢は手元に出るといった話を耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。手に限らずボディは顔に比べてエイジングケアがおろそかになりがちです。顔の肌はきちんと保湿したりシミができたら美容液を使ったりと丁寧にケアを施して美しく保っていても、手元や腕、脚などの肌をそのままにしていては台無しになってしまうこともあります。ボディの美白ケアを始めるタイミングは早ければ早いほど良いものです。早くから美白ケアを始めておくことで5年後、10年後に繋がっていきます。紫外線は日焼けだけでなく肌を乾燥させて老けさせる原因にもなります。目立たない場所だからと適当に扱わず、細部に美は宿るという意識を持って隅々まで丁寧にケアしましょう。